インテリア照明の種類

ライティング辞典

インテリア照明の種類

部屋に必要なインテリアに欠かせないのが照明です。
インテリア照明には、多様な種類があります。

天井照明なら、シーリングライト(部屋全体の照明)やダウンライト(埋め込み型の部分照明)があります。
インテリアとしての要素が多いスタンドライトやブラケットライト(廊下や壁に取り付ける照明)と部屋や用途によって多くのインテリア照明が用意されています。

照明はひとつの部屋にひとつずつといった考え方ではなく、インテリアとしての照明は一室多灯がおしゃれなライティングの基本となっています。
空間全体を明るくするための全般照明と全般照明を補うための部分照明で部屋の雰囲気を変えることができる訳です。

ダイニングにはペンダントライトを使って、食品の色を際立たせたり、フットライトで廊下や階段などに雰囲気を作ることもできます。
クリップライトは好きなところに、簡単に部分照明を付けることもできます。
デスクライトは書き物やパソコンを使用するときには欠かせません。
インテリアとしての照明を使うことで、部屋を昼と夜のふたつの顔を持たせることができるでしょう。

アンティークな照明で部屋がグレードアップ

部屋の印象を左右するものに照明があります。
無機質な白い光を発する場所は、オフィスなど仕事を行う環境には最適ですが、家の中がそういった光で満たされているのはやや息が詰まる感じがするものです。
やはりリビングや寝室など、人がくつろぐ場所には暖かい空気の感じられる明かりがともされているとホッとするものです。
明かりの雰囲気は電球にも左右されますが、照明器具そのものも大きく関わってきます。
特にアンティークのものは、それ自体が醸し出す上質な雰囲気があり、明かりを点けていないときでもインテリアとして部屋の空気を左右します。
案ティーくんの器具には今では考えられないほど、多くの手間の掛かっていたり、繊細な細工が施されているものが多く存在しています。
それに加えて長い期間使われてきた歴史が刻まれているのですから、存在感は抜群なのです。
アンティークの照明器具ではシャンデリアが手に入れたい物の筆頭ではないでしょうか。
まばゆく輝くガラスの集まりはうっとりと見ほれてしまうほど素敵なものです。
中にはモダンデザインを意識した斬新なものもあり、部屋をひと味違った世界へと変化させてくれるに違いありません。
寝室のベッドサイドにはアンティークのテーブルランプがよく似合います。
日常的に使われていたものが多いので、機能性にも優れていながら、遊び心も感じられる優秀なデザインのものが見付かります。
一点ものが多いので、大事に扱っていきたいものです。

pickup

機能性だけではなく、デザインのことも考慮した外構が自慢です。

大津で外構を一新

一棟を管理する為の不動産投資関連情報をご紹介します

一棟 不動産投資

六本木の賃貸情報を数多く取り扱っております。

六本木 賃貸

Last update:2018/6/22